ドコモのスマホならDTI SIMにそのままで乗り換えられる!

ドコモのスマホならDTI SIMにそのままで乗り換えられる!

 

DTIのようなMVNOは大手キャリアの回線を間借りして運用しています。

 

DTI SIMもドコモの回線を利用しているので、ドコモのスマートフォンであれば特別な手続きを必要とせず乗り換えることができます。

 

 

 

格安SIMの仕組み

 

そもそも格安SIMは大手キャリアと異なり自社で通信設備をもっているわけではありません。

 

大手キャリアが運営している通信設備を借りて、そこに自社独自のサービスを追加してサービスを提供しています。

 

こういった事業者のことをMVNOといいます。

 

DTI SIMを始めとして、多くのMVNOはドコモの回線を借りています。

 

基本的にはドコモ回線を利用しているMVNOが一番多いですが、他にもauの回線を借りている会社もあります。

 

 

 

ドコモで購入したスマホが使える

 

大手キャリアは会社ごとに、スマホが通信をするための電波バンドや通信方式などが異なります。

 

自社で販売する端末は自社の規格に合わせているのが普通です。

 

逆に、他社の規格には合わない場合があるので注意が必要です。

 

当然ですが、ドコモ販売のスマートフォンであればドコモの通信規格で使えるように調整してあります。

 

DTI SIMを始めとした格安SIMはサービスを提供する会社こそ違いますが、基本的な部分はドコモと同じなので、ドコモのスマートフォンであればSIMカードを指して設定するだけで使えるというわけです。

 

ただし注意点として、使えるのは通信だけでありドコモが提供するサービスは利用する事はできません。

 

ですからキャリアメールなどドコモが自社ユーザーに対して提供しているサービスはDTISIMでは使えないので予め乗り換えの準備をしておきましょう。

 

 

SIMフリースマホも利用できる

 

MVNOではSIMフリースマホを利用することも可能です。

 

SIMフリースマホは世界各国で利用できるように作られているため、日本の規格にも合うように作られています。

 

ただし、本当に問題なく使えるかは確認が必要です。

 

確認するための知識が無い場合は、MVNOで販売されているSIMフリースマホを購入するといいです。

 

MVNOで販売されているSIMフリースマホは動作確認済であるため、問題なく利用できます。

 

 

 

まとめ

 

DTI SIMに乗り換える場合、ドコモのスマホをそのまま利用するこが可能です。

 

スマホ端末は高いので、新たに端末を買わずにSIMカードだけ契約するというのもアリだと思います。

 

新たにSIMフリースマホを購入しても良いと思います。

 

どういった契約をすると、料金がいくらかかるかを考えて乗り換えをすることをオススメします。